初心者でもエンジニアのスクールで技術者になれる

初心者の人でも、エンジニアのスクールに通うことで技術者になれます。技術者といってもさまざまな職業があるので、未経験からでもなれる職業を見つけましょう。なりたいと考える人が多いのはシステムエンジニア(SE)だそうです。これからの時代はIT技術者の需要が非常に高くなるので、SEになってしっかりとスキルを身につけておいたら仕事に困ることはないでしょう。

ところが、SEは上流工程の仕事でもあるので、いきなり初心者の人がなることは難しいです。大卒の新卒なら可能性はあるものの、未経験かつ中途採用ではかなり狭き門になると思われます。システム開発では上流工程と下流工程に分かれており、上流工程の人は企画・要件定義・設計などをします。さらにSEの人は技術的な仕事だけでなく、顧客対応もしますので対人能力も大切です。

下流工程は設計図ができたあとのプログラミングやテストのことです。初心者からSEになるためには、まずはプログラマーやサーバー監視・管理など未経験からでも採用されやすい職種に就くのがよいでしょう。スクールに通うときも、将来のルートをよく考えたうえで、夢を実現できるようなスクールを選ぶことが大切です。とにかくエンジニアになれるならどんな仕事でもいいというのでは、面接で採用されにくいです。

「とにかくどの分野でもいいのでエンジニアになりたい」といった漠然とした目標を立てているよりも、具体的に将来の設計ができているほうが本気度が伝わりやすいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です